みなさん、こんにちは。

御幸西クリア歯科クリニックの松本です。

今月もFMK(エフエム・クマモト)のFMK MORNING GLORYに生出演してきました!

今回は歯を失った治療法のうち「ブリッジ」についてお話ししてきました。

歯を失った治療法は、ブリッジ・入れ歯(義歯)・インプラント・再植と色々あるのですが、

体感としてブリッジを選ばれる方が一番多いような気がします。

全ての治療法はメリット・デメリットがあるため100点の治療法はないと思っています。

では、ブリッジのメリット・デメリットについて簡単にお話ししていきます。

ブリッジのメリット

・削った歯に接着剤で固定するため、入れ歯と違って取り外す必要がない。

・お手入れは自分の歯と同じように歯ブラシと歯間ブラシで可能。

・歯に固定するので、ある程度自分の歯と同じように噛むことができる。

 

ブリッジのデメリット

・歯を失った両サイドの歯を削らないといけない。(切削量が多い)

・場合によっては歯の神経を取らないといけない。

・失った部分の噛む力を両サイドの歯が肩代わりするので、歯の寿命が短くなる。

・保険診療のブリッジだと部位によっては銀歯になってしまう。

上記のように、メリットもあればデメリットもあり、その患者様の口腔内に合った治療かどうかを判断する必要があります。

患者様はメリット・デメリットを理解した上で治療を受けて頂きたいと思っています。

歯は抜いたり、削ってしまうと元には戻りませんので、慎重に治療法を選んでいただくことが大切だと思います。

当院では、治療計画を作成し相談する際に詳しくご説明いたしますので、わからないことがあればお気軽にご相談ください٩( ‘ω’ )و

御幸西クリア歯科クリニック