小児歯科・小児矯正

小児歯科について

当院の小児歯科の考え方

当院の小児歯科の考え方

当院は、「お子さまを泣かせない治療」をモットーに小児診療を行っています。歯科医院に対するイメージは、その後、継続して治療できるかどうか、ひいては将来の歯とお口の健康に大きく影響するためです。

小児歯科の目標は、お子さまが「むし歯のないきれいな永久歯列になる」ことです。そのために、キッズルームの設置や保育士資格を持つスタッフの常駐など、お子さまが自ら通い続けられる配慮をしているため、当院で初めて歯科治療ができたお子さまが何人もいます。

安全に治療するための工夫

安全に治療するための工夫

ユニットに座れない、診療室に入れないお子さまは無理に治療を行わず、キッズルームで応急処置やフッ素塗布などを行い、トレーニングを重ねて徐々に治療できる方向へ導いていきます。

診療室でお子さまにむし歯の治療をする場合は、笑気ガスを使用し、心身が落ち着いている状態で治療を行います。また、治療中に目に入る診療室の天井にディスプレイを設置し、お子さまがアニメを見ながら治療を受けられるようにしています。

むし歯をつくらないために

お子さまに新たなむし歯をつくらないため、食事やおやつの与え方、仕上げ磨きやフッ素洗口の方法など、保護者様へ具体的なアドバイスを行っています。

小児矯正について

小児矯正について

口の周りの筋肉と舌を鍛えることで正しい歯列へ導くマウスピース型の矯正装置「プレオルソ」や「T4K」をおすすめしています。

装着するのは就寝時と日中1時間だけ。歯並びや顎の発達に悪影響を与える誤った舌の位置や口呼吸の癖も、この装置により改善します。プレオルソの対象年齢は3~10歳です。

将来の歯の健康な育成のために行う小児矯正に、デメリットはほとんどないと考えています。

よくある質問

Q 矯正はいつからできますか?
A
お子さまによって心身の発育状態は異なります。また、矯正治療は保護者さまの協力も必要ですから、「できるタイミングが来たらそのときに始めましょう」とお話ししています。
Q ワイヤー矯正は行わないのですか?
A
歯並びの状態により、ワイヤー矯正も行います。奥歯2本と前歯4本にのみワイヤーを装着する「2×4(ツーバイフォー)」や、徐々に歯のアーチを拡大していく取り外し式の「床矯正」も対応可能です。

健康な歯とお口で
皆さまが豊かな人生を
長く楽しめるように

一人でも多くの患者さまが、一本でも多くご自分の歯を残し、健康な歯とお口で豊かな人生を長く楽しめるように、スタッフ一同、心を込めて患者さまの治療に寄り添うことをお約束いたします。どうぞ当院へお気軽にご相談ください。

診療時間
9:00~13:00/15:00~19:00
※土曜午後は14:00~17:00

休診日 水曜・日曜・祝日

アクセス:JR西熊本駅より車で8分

pagetop