みなさん、こんにちは。

御幸西クリア歯科クリニックの松本です。

今月は2回目のFMK(エフエム・クマモト)のFMK MORNING GLORYに生出演してきました!

今回のテーマは「歯を失う原因」についてお話ししてきました( ・`д・´)

歯が抜けてしまったり、抜歯が必要になったりして歯を失ってしまうのですが、

何が原因で歯を失ってしまうのでしょうか?

第1位は「歯周病」です。割合は40%超えです。

歯周病が進行して顎の骨を溶かしていき歯がグラグラになって抜けてしまったり、歯ぐきの腫れがおさまらず抜歯が必要になったりします。なかなか自分では気づきにくい病気ですので、歯周病の検査を受けることが大切です!

 

第2位は「虫歯」です。割合は30%超えです。

虫歯が深く進行してしまい、顎の骨の深さまで及んでしまったり、根っこの先まで虫歯菌が進行してしまったりすると抜歯が必要になることがあります。大きな虫歯になる前に早期治療を心がけることが大切です。

 

第3位は「破折」です。割合は10%くらいです。

交通事故や歯をぶつけたなどの場合や、虫歯が大きくて神経をとってしまい、歯がもろくなって破折することもあります。

虫歯が原因で抜歯になる割合は実は40%近くありそうです(;’∀’)

 

第4位以降は「矯正のための抜歯」や「親知らず」などがありますが、割合的には高くありません。

やはり「歯周病」と「虫歯」が主な原因を占めていますので定期的なメンテナンスや早期発見早期治療が大切です☆彡

 

御幸西クリア歯科クリニック